申請可能な助成

不育症治療費助成事業(旭川市)(旭川市)

旭川市では、不育症治療を受けられるご夫婦の経済的負担を軽減するため、不育症の治療に要する費用の一部を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

1回の治療に対し、助成限度額10万円

申請期限

1回の検査及び治療終了日から60日以内、かつ治療終了日の属する年度内。

助成回数

回数制限なし

対象者

医師が不育症と判断した次の項目すべてに該当する方。
①申請日にどちらかの住民票が旭川市にある方。
②治療(検査含む)開始日に法律上の婚姻をしている夫婦。
③夫婦の前年所得の合計が730万円未満。
④国内の産科・婦人科を標榜とする医療機関で治療を受けた方。
※年齢制限なし。

対象となる治療

不育症の原因(リスク因子)を特定するための検査及び特定した因子を改善するための治療で,保険適用内外は問わない。
①不育症の因子を特定するための検査
 (子宮形態検査、染色体検査、内分泌検査、抗リン脂質抗体検査、凝固因子検査)
②特定した因子を改善するための治療
 (手術療法、着床前診断、抗甲状腺薬、甲状腺ホルモン剤、インスリン、低用量アスピリン療法、ヘパリン療法、カウンセリング)

手続きに必要なもの

<申請に必要な書類>
①旭川市不育症治療費補助金申請書
②旭川市不育症治療費補助に係る受診等証明書
③対象となる治療費の領収書及び診療明細の原本
④振込口座の通帳
⑤夫と妻それぞれ1本ずつの印鑑(通帳印でなくても可、シャチハタ不可)
⑥住民票等(夫婦同一世帯の場合は世帯全員分の、個人番号以外の記載事項を省略していない、発行日から3ヶ月以内のもの)
⑦戸籍謄本(発行日から3ヶ月以内のもの)
⑧ご夫妻の市・道民税所得証明書(発行から3か月以内のもの)

申請窓口

<申請窓口>
旭川市子育て支援部子育て支援課子育て企画係③番窓口
住所:旭川市7条通10丁目第二庁舎5階
受付時間:8:45~17:15

<問い合わせ先>
旭川市子育て支援部母子保健課
電話番号:26-1111
(内線2967、2968)
受付時間:8:45~17:15