申請可能な助成

不育症治療費助成事業(札幌市)(札幌市)

札幌市では、不育症に悩む方の経済的負担を軽減するため、不育症治療費助成を行っています。

申請自治体のHPを確認

助成額

1回の治療期間に行った「対象となる検査及び治療」に要した自己負担費用につき10万円まで
※1回の治療期間とは、不育症を診断するための検査(又は治療)を開始した日から、妊娠が確定し出産(流産または死産を含む)した日まで、または医師の判断により治療が終了した日までのことです。

申請期限

1回の治療期間が終了し、治療費を支払われた翌日から2か月以内
ただし、入院等のやむを得ない理由により2か月以内に申請できない場合は札幌市不妊専門相談センターにご相談ください。

助成回数

制限なし

対象者

次の全ての項目に該当する方
(1)流産、死産、新生児死亡のいずれかの既往が2回以上あること
(2)札幌市が指定する医療機関で不育症治療を受けていること
(3)申請日において、夫婦のどちらかが札幌市内に住所登録をしていること
(4)治療開始時及び申請時に法律上の婚姻をしている夫婦であること
(5)申請日の前年(1月~5月までの申請は前々年)の夫婦の所得の合計額が730万円未満であること

対象となる治療

(1)検査
 抗リン脂質抗体検査、凝固因子検査、子宮検査、染色体検査
(2)治療
 不育症としての投薬(アスピリン療法、ヘパリン療法、インスリン等)、子宮形成手術、着床前診断、カウンセリング 等

手続きに必要なもの

【申請に必要な書類】
1 札幌市不育症治療費助成事業申請書
2 札幌市不育症治療費助成事業助成金請求書
3 札幌市不育症治療費助成事業受診等証明書
4 札幌市不育症治療費助成事業薬剤内訳証明書(院外処方を受けた場合のみ)
5 領収書及び明細書(原本)
6 ご夫婦それぞれの前年の所得額を証明する書類(原本)
※ただし、1月~5月の間に申請する場合は、前々年の所得額
7 戸籍謄本(発行日から3ヶ月以内のもの)
8 住民票(世帯全員分の、個人番号以外の記載事項を省略していない、発行日から3ヶ月以内のもの)
9 通帳コピー(振込先支店名・口座番号がわかるページ)

申請窓口

【申請窓口】
札幌市不妊専門相談センター
【住所】
札幌市中央区大通西19丁目WEST19 3階 札幌市保健所
【電話番号】
011-622-4500