申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(河南町)

特定不妊治療1回に要した費用の額から当該治療に係る大阪府の支援事業に基づく助成額を控除した額で、1回5万円を限度とします。 助成回数は、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合は、43歳になるまでの通算6回まで、同じく40歳以上の場合には通算3回までとする。

申請市区町村のHPを確認

助成額

助成額:特定不妊治療1回に要する費用から大阪府支援事業に基づく助成額を控除した額で1回5万円を限度とする。

申請期限

大阪府の承認があった後、すみやかに申請が必要

助成回数

治療開始時の妻の年齢が40歳未満は、43歳になるまで通算6回 40歳以上は43歳になるまでに通算3回まで。

対象者

対象者:夫婦ともに町に居住し住民登録がある人で、かつ治療開始日の妻の年齢が43歳未満。大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱の規定に基づき承認を受けている人

対象となる治療

対象治療:大阪府が指定する医療機関で実施された夫婦間における特定不妊治療で、申請時に当該治療が終了しているもの(平成28年4月1日以後に開始した体外受精、顕微授精が対象

手続きに必要なもの

(1) 河南町特定不妊治療支援事業助成金交付申請書(ホームページからもダウンロードできます。)
(2) 大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業承認通知書(原本)
(3) 特定不妊治療費の領収書(原本)
上記書類のほか、振込先の金融機関の口座名義、口座番号を確認できるもの(通帳)、印鑑をご持参ください。

申請窓口

河南町健康福祉部健康づくり推進課(かなんぴあ内)
(平日 9時から17時30分)
住所 : 河南町大字白木1371番地
電話 : 0721-93-2500(代)
FAX : 0721-90-3288

その他

申請書類の審査の結果、適正であると判断された場合は、申請者に承認通知をするとともに申請書記載の口座に振り込みます。