申請可能な助成

一般不妊治療費助成事業(赤平市)

子どもを生み育てたいと望んでいるご夫婦に対して、一般不妊治療を受ける機会を支援するため、医師が必要と認めた一連の一般不妊治療について一定の金額を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

1年度につき5万円上限、一般不妊治療を開始した月の属する年度から連続する5年度を上限として助成します。

申請期限

検査及び治療を受けた日の属する年度の3月末までに、1年度内に受けた治療をまとめて申請してください。ただし、2月及び3月分の治療分は、4月末まで申請可能です。

助成回数

一般不妊治療を開始した月の属する年度から連続する5年度までが上限(この期間中に妻の年齢が43歳となる場合は、43歳となる日の属する年度の3月31日まで)

対象者

助成対象者は、次の要件すべてを満たす方
(1)法律上の夫婦である方
(2)夫婦のいずれかが1年以上赤平市に住民登録を有する方
(3)医療保険に加入している方
(4)他の市町村で同一の治療に関して助成を受けていない又は受ける予定がない方

対象となる治療

医師が必要と認める検査や治療が対象となります。不妊治療を実施している産婦人科、泌尿器科であれば医療機関の指定はありません。
(1)医療保険適用の不妊治療、検査等の自己負担分
(2)医療保険適用外の不妊治療(体外受精、顕微受精は除く)の自己負担分
(3)申請に関する証明のため医療機関などが発行する文書料

手続きに必要なもの

(1)赤平市一般不妊治療費助成事業申請書
(2)一般不妊治療医療機関受診等証明書
(3)住民票謄本(発行日から3ヵ月以内のもの)
(4)戸籍謄本(発行日から3ヵ月以内のもの。ただし、住民票謄本によって戸籍上の夫婦であることが証明される場合は不要)
(5)検査、治療及び調剤に係る領収書
(6)印鑑と夫婦いずれかの口座

申請窓口

赤平市役所 介護健康推進課 健康づくり推進係
住所:〒079-1192
赤平市泉町4丁目1番地
電話:0125-32-5665
受付時間:平日8:30~17:00
※郵送での申請可

その他

※申請内容を審査の上、助成交付決定通知書を送付します。決定の通知から1ヵ月以内に口座振込により助成金を支給します。