申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(白糠町)

特定不妊治療を受けた夫婦に対して、白糠町が独自に上乗せ助成、もしくは全額助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた場合は、その差額を助成。北海道特定不妊治療費助成事業助成金の対象外の場合は、治療に要した保険適応外の治療費を全額助成。

申請期限

治療が終了した日の属する年度内に1回の治療が終了ごとに申請してください

助成回数

制限なし

対象者

助成対象者は、次の要件をすべて満たす方とします。
(1)夫婦が法律上の婚姻をしていること
(2)夫婦のいずれかが白糠町に住民登録を有すること
(3)夫婦のいずれも町税及び国民健康保険税の滞納がないこと(現年度及び過去5年度課税分)。ただし、町税に滞納がある場合であっても、国税徴収法(昭和34年法律第147号)に基づく滞納処分が行われていない場合は、滞納がないものとする。
(4)夫婦のいずれも医療保険各法による被保険者、組合員又は被扶養者であること
(5)他の市町村において、特定不妊治療又は一般不妊治療に要した経費の助成を受けていないこと又は受ける見込みのないこと
(6)北海道特定不妊治療費助成事業要綱に定める治療を受けた者

対象となる治療

保険適応外の体外受精、顕微授精(卵胞が発育しない等の理由により卵子採取以前に中止した場合を除き、医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合を含む。)及び特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行う男性不妊治療。ただし、夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療または代理母もしくは借り腹による治療法は対象となりません。また、入院時の部屋代や食事代など治療に直接関係のない費用は、助成の対象外です。

手続きに必要なもの

(1)白糠町不妊治療費助成事業申請書
(2)白糠町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(3)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(住民基本台帳で確認ができる場合は不要)
(4)不妊治療に要した費用の領収書
(5)北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し(該当する方のみ)
(6)印鑑(白糠町不妊治療費助成事業申請書の申請者欄に押印したものと同じ印鑑)

申請窓口

白糠町役場介護健康課健康相談係
住所:〒088-0392
白糠郡白糠町西1条南1丁目1番地1
電話:01547-2-2171(内線592.593)
専用電話:01547-2-2239
受付時間:平日8:30~17:00
※郵送の場合は、「手続きに必要なもの」(1)~(3)、(4)のコピー、(5)を同封の上、簡易書留でお願いします。

その他

申請内容を審査のうえ、承認を受けた方に対して、交付決定通知書を郵送するとともに、口座振込により助成金を支給します。