申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(厚真町)

特定不妊治療を受けた夫婦に対して、特定不妊治療にかかる費用の助成を行います。

助成額

採卵を伴う治療は、特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療助成事業による助成金額を控除した全額。採卵を伴わない治療は、治療1回につき7.5万円まで。

申請期限

治療が終了した日から6ヶ月後の月末まで。

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、通算6回(40歳以上であるときは通算3回)

対象者

助成対象者は、次の要件をすべて満たす方とします。
(1)法的に婚姻している夫婦であること。
(2)町内に引き続いて6ヶ月以上居住している夫婦であること。
   (配偶者の仕事の都合等で妻のみが町内に居住している場合でも対象)
(3)夫婦の前年度の所得合計額が730万円未満であること。
(4)治療を開始する妻の年齢が満43歳未満であること。
(5)北海道知事が指定する医療機関で治療を受けた者。
   (やむを得ない事情で、道外の医療機関で特定不妊治療を行った場合でも対象)

対象となる治療

体外受精及び顕微授精。
医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても助成の対象となる。(卵胞が発育しない等により、卵採取以前に中止した場合を除く)

手続きに必要なもの

(1)厚真町特定不妊治療費用助成事業申請書
(2)北海道特定不妊治療費助成事業受診等証明書(写しでも可)
(3)受診医療機関が発行する特定不妊治療費用の領収書(写しでも可)
(4)北海道特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書
(5)振込口座通帳(金融機関名、支店・出張所名、預金種別、口座名義人、口座番号等が確認できる箇所の写しでも可)

申請窓口

厚真町役場 町民福祉課健康推進グループ
住所:〒059-1601
厚真町京町165番地の1 総合ケアセンターゆくり内
電話:0145-26-7871
受付時間:平日8:30~17:30

その他

審査の結果、適正と認めるときは支援交付決定通知書にて通知します。
(適正と認めないときはその理由を付した支援不交付決定通知書を通知します)