申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(壮瞥町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、壮瞥町が独自に上乗せ助成を行います。

助成額

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した金額

申請期限

治療を受けた日に属する年度の翌年度の4月15日までに申請してください。

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満である時は、通算6回(40歳以上であるときは通算3回)

対象者

①婚姻中の者で引き続き6ヶ月以上居住していること
②夫婦とも医療保険に加入していること
③町税の滞納がないこと
④北海道の特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けた者であること

対象となる治療

北海道の制度を受けることができた特定不妊治療

手続きに必要なもの

①不妊治療費助成事業受診等証明書
②治療に係る領収書
③北海道要綱による助成決定通知書の写し
④夫及び妻の保険証の写し
⑤その他町長が必要を認める書類

申請窓口

壮瞥町保健センター
住所:〒052-0101
有珠郡壮瞥町字滝之町284番地2
電話:0142-66-2340
受付時間:平日9:00~17:00

※郵送での申請はできません(窓口へお越し下さい)。

その他

治療を受けた日に属する年度において、その内容を審査し、助成が適当と認めたときは、不妊治療費助成決定通知書により申請者に通知する。
助成が適当であると認めたときは、交付決定の通知の日から起算して30日以内に助成金を交付する。