申請可能な助成

一般不妊治療費助成事業(別府市)

子どもができない悩みをかかえている夫婦が子どもを持てるような環境づくりを進めるため、不妊治療を受けている夫婦に不妊治療に要する治療費の一部を助成し、経済的負担の軽減を図ります。

申請市区町村のHPを確認

助成額

○人工授精に要した治療費(薬剤費を含み、配偶者間の治療に限る。
 入院費食事代、謝礼その他の治療に直接関係ない費用を除く)
 助成額は、助成対象費用の2分の1
 ただし、上限10万円

申請期限

治療日から1年以内に申請してください。

助成回数

・制限なし

対象者

○医療機関で不妊症で治療が必要と診断された夫婦
○法律上の夫婦であること
○申請日時点で、夫婦のいづれか一方が別府市民(住民基本台帳に記録されている)であること
○別府市税の未納がないこと

対象となる治療

医療保険適用外の不妊治療費で、人工授精に要した治療費です。(ただし、入院費や食事代や文書料等直接治療に関係のない費用は含みません)

手続きに必要なもの

・別府市不妊治療費助成金交付申請書
・別府市不妊治療費助成金交付申請に係る同意書
・別府市不妊治療費助成金請求書
(様式は、健康づくり推進課に設置しております。また、市ホームページでもダウンロードできます。)
・医療機関が発行した不妊治療の実施を証明できる書類及び領収書
・別府市税納税証明書(市税の未納がないことがわかるもの)
・夫婦のどちらかが別府市民でない場合は夫婦続柄確認のための戸籍謄本
・住民票等の公簿を市の担当者が閲覧することを了承しない場合は夫婦それぞれの住民票の写しが必要
・別府市以外の助成を受けている場合は、その助成金の交付決定通知書の写し

申請窓口

別府市 健康づくり推進課
別府市西野口町15-33(別府市保健センター内)
TEL 0977‐21‐1117
※詳細は申請窓口へお問合せください。