申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(豊後高田市)

豊後高田市では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図り、子どもを産みたい方が産める環境づくりを推進するため、不妊治療費の一部を助成しています。

申請市区町村のHPを確認

助成額

A.新鮮胚移植
B.凍結胚移植
 採卵・受精後、1~3周期の間隔をあけて母体の状態を整えてから胚移植を行うとの当初からの治療方針に基づくもの
C.以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D.体調不良等により移植のめどが立たず治療中止
E.受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等により中止
F.採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止
G.卵胞が発育しない、または排卵終了のため中止
H.採卵準備中、体調不良等により治療中止
I.凍結保存料(治療に直接関係する直前のもの)
J.男性不妊治療(手術的精子回収術)

上限15万円/年度

①A.B.Jは県に申請(大分県の助成制度に、市の助成も含まれる)
②C,D.E.Fは県に申請後、市へ申請する。
③G.H.I.県の対象にならない①②は市へ申請
 ※大分県特定不妊治療費等助成事業を優先的に活用し、助成を受けた場合はその額を差し引いた額を助成対象費用とする。

申請期限

治療が終了した日の属する月の翌月から起算して1年以内

助成回数

・制限なし

対象者

・法律上の婚姻をしている夫婦
・夫婦どちらかが市内に住所を有して1年以上経過している
・市税の滞納がない
・医療機関により不妊症と診断され、その治療を受けた

対象となる治療

助成の対象となるのは、以下の治療にかかった医療保険適用外の不妊治療費、治療にかかる検査費用等です。
≪対象となる治療≫
特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
 A 新鮮胚移植を実施。
 B 凍結胚移植を実施。
  (採卵・受精後、1~3周期の間隔をあけて母体の状態を整えてから胚移植を行うとの当初からの治療方針に基づく治療を行った場合)
 C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施。
 D 体調不良等により移植のめどが立たず治療中止。
 E 受精できず。
   または、胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等により中止。
 F 採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止。
 G 卵胞が発育しない、又は排卵終了のため中止。
 H 採卵準備中、体調不良等により治療中止。
凍結保存料(治療に直接関係する直前のもの)
男性不妊治療(手術的精子回収術)
≪注意事項≫
*配偶者間の治療に限ります。
*入院費や食事代など治療に直接関係のない費用は含みません。。
*助成対象となる不妊治療を行う医療機関は、公益社団法人日本産科婦人科学会の会告に基づき登録を行った医療機関とします。ただし、人工授精・男性不妊治療・登録医療機関の指示に基づき他の医療機関が実施する場合を除きます。

手続きに必要なもの

申請書類:
1)不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(市様式)
2)医療実施証明書(市様式)
3)薬剤内訳証明書(市様式)
4)不妊治療費助成金交付に係る同意書(市様式)
5)不妊治療を行った医療機関発行等の領収書
6)大分県不妊治療費等助成金給付決定通知書の写し
7)その他市長が必要と認める書類

申請時に持参するもの:
申請書に押印した印鑑

申請窓口

豊後高田市 子育て支援課
豊後高田市美和1335番地の1
(健康交流センター花いろ内)
TEL 0978-22-3100(内線64102、64103)

申請窓口:
①特定不妊治療A・B・男性不妊治療 ⇒県に申請
②特定不妊治療C・D・E・F ⇒県へ申請後、市子育て支援課へ申請
③特定不妊治療G・H・凍結保存料・県の対象にならない①② ⇒市子育て支援課へ申請

その他

※詳細は申請窓口へお問合せください。