申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(熊取町)

夫婦一組につき、助成の対象となる検査・治療の費用から府の補助(検査・治療の費用の額が当該基本額に満たないときにあっては、検査・治療の費用の額)を控除した額とし、1回あたり5万円を限度に助成する。

申請市区町村のHPを確認

助成額

助成の対象となる検査・治療の費用から府の補助(検査・治療の費用の額が当該基本額に満たないときにあっては、検査・治療の費用の額)を控除した額とし、1回あたり5万円を限度に助成

申請期限

検査及び治療を終了した日から6か月以内。

助成回数

通算6回まで。 ただし、初めて治療を受ける際の治療開始日の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合、通算3回まで。

対象者

次の①~⑧の要件をすべて満たしていること
①治療開始日に、法律上の婚姻している夫婦であること
②治療日、申請日ともに熊取町に住所を有する夫婦であること
③助成を受ける妻については、検査・治療開始日が43歳未満
④医師により特定不妊の治療が必要であると判断され、その治療を受けた方
⑤申請日において、1治療期間が終了していること
⑥治療期間中及び申請日において、夫婦いずれもが医療保険各法に規定する被保険者、組合員、又は被扶養者であること
⑦夫及び妻の所得の合計額が730万円未満であること
⑧町税等の滞納がないこと

対象となる治療

・医師が必要と認めた保険適用外の特定不妊治療(体外受精治療及び顕微授精治療)に係る検査・治療費。ただし、入院時の室料差額、食事料、通院に要する交通費、文書料、その他の直接治療に関係のない費用は除く。

手続きに必要なもの

1.特定不妊治療費助成金交付申請(請求)書(様式第1号)
申請書記入にあたっての注意事項をよく読んで記入・押印してください。
2.大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業承認通知書(原本)
3.大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(写し)
  受診した医療機関で記入してもらってください。
受診等証明書の作成には、医療機関所定の文書作成料が必要な場合があります。(必ずしも無料で作成されるものではありません)
4.特定不妊治療の費用に係る領収書(写し可)
検査・治療日を含む医療機関及び薬局発行の領収書
5.同意書
☆申請する年度の1月1日に熊取町に住民票がない方へ
申請する年度の1月1日に熊取町に住民票がない方につきましては、転入前の市町村の課税証明書または非課税証明書を提出してください。
※1、5については、ホームページからダウンロードできます。

申請窓口

熊取町健康福祉部子育て支援課(すくすくステーション)
住所:泉南郡熊取町野田1-1-8
ふれあいセンター(熊取町立総合保健福祉センター)2階
電話:072-452-6294
受付時間:平日9:00~17:30
*郵送による申請はできません。(窓口にお越しください)

その他

・申請書類の審査終了後、適正であると判断された場合に、申請者本人に決定通知書を郵送するとともに、申請書記載の口座に振り込みます。
・指定の口座への振り込みまでには、1か月から3か月かかります。
・審査の結果、要件に該当しないなど助成金を支給できない場合は、申請者に対し、理由を付した通知書を送付いたします。また、虚偽の申請等不正な手段で助成を受けた場合は、助成の決定を取り消し、助成金を返納していただく場合もあります。