申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(和泉市)

和泉市では、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要する費用の一部を助成しています。

申請市区町村のHPを確認

助成額

特定不妊治療1回に要した費用(「大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書」の領収金額合計の額)から大阪府特定不妊治療助成金の額を控除して得た額となります。ただし、5万円を限度とします。(100円未満は切捨てとなります。)

申請期限

大阪府の承認通知日から、30日以内に申請してください。

助成回数

大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業に準じています。

対象者

大阪府不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業の承認を受けた方。
大阪府の申請時に、夫婦の住所が和泉市にある方。
他の市町村における助成を受けていない方。
妻の年齢が43歳未満の方。

対象となる治療

生殖補助医療による不妊治療のうち「体外受精、顕微授精、男性不妊(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)」の治療法。
大阪府の指定医療機関で治療を受けていること。
入院費、食事費、胚などを凍結した場合の管理料及び文書料は除く。
※対象外:上記以外の治療法。夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による医療行為。代理母、代理出産。

手続きに必要なもの

下記を揃えて申請をしてください。
申請書及び、請求書
1.「和泉市特定不妊治療費助成事業申請書」
2.「和泉市特定不妊治療費助成事業請求書」
※申請者と請求者は同一の方に限ります。なお、口座名義人は請求者と同一の名義をご指定ください。
ホームページからもダウンロードできます。

添付書類
1.「大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業承認通知書」(大阪府が発行)
2.「大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書」(医療機関が発行)
 大阪府へ提出される前に、ご自身でコピーを取っておいてください。
3.住民票(原本、発行日から3か月以内のもの)
 原則、夫婦の記載があること。住民票が別の場合は、両方を取得し添付。
 ※個人番号(マイナンバー)の記載がないものをご用意ください。
4.治療費の領収書(原本)
 申請受付時に、窓口でコピーして返却します。

申請窓口

和泉市生きがい健康部
 健康づくり推進室 健康増進担当 保健グループ(和泉市立保健センター内)
住所:和泉市府中町四丁目22番5号
電話:0725-47-1551
受付時間:平日9:00~17:15
※郵送による申請はできません。

その他

申請時に、申請者の認印(シャチハタ〔朱肉を必要としない印鑑〕は不可)をお持ちください。
申請書等の記入時、摩擦で文字が消えるペン等の使用は控えてください。
申請受付後、審査を行い、助成の可否及び金額について決定しましたら、郵送にて通知いたします。
申請書に虚偽の記載があった場合、助成金の返還を求めることがあります。