申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(富田林市)

特定不妊治療を行う夫婦に対し、当該治療に要する費用の一部を助成

申請市区町村のHPを確認

助成額

特定不妊治療1回に要する費用の額から、府の助成額を控除した額。ただし、当該控除した額が5万円を超えるときは、5万円とする。
その他、特定不妊治療のうち男性不妊について(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合)当該治療に係る府の補助を控除した額を助成。ただし、当該控除した額が5万円を超えるときは5万円とする。

申請期限

大阪府承認通知書の属する年度の末日又は通知日から3か月以内のいずれか遅い日

助成回数

府の助成金の承認回数

対象者

1.大阪府の不妊に悩む方への特定治療支援事業による承認を受けていること。(国が実施する安心こども基金管理運営要領又は母子保健医療対策等総合支援事業実施要綱に基づき、他の都道府県、政令指定都市及び中核市が実施する特定不妊治療に係る承認を受けている場合は、府要綱の定める承認を受けたものとみなす。)
2.法律上婚姻をしている夫婦で、夫婦の双方が富田林市に居住し住民基本台帳に記録されていること。

対象となる治療

1.特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された夫婦による、大阪府等の指定医療機関で受ける不妊治療
2.次による治療は除きます
・夫婦以外の第三者からの精子、卵子、胚の提供による医療行為
・代理母(夫の精子を妻以外の子宮に医学的な方法で注入して、妊娠・出産してもらい、その子どもを当該夫婦の子どもとする。)
・借り腹(夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの。)

手続きに必要なもの

1.大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業承認通知書(原本)
2.大阪府不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(写し)
3.特定不妊治療費の領収書(原本)
4.富田林市特定不妊治療費助成事業助成金交付申請書(様式第1号)
5.調査の同意書(様式第2号)
6.振込先の金融機関の口座名義、口座番号を確認できる通帳又はカード
7.印鑑
※4、5については、ホームページからダウンロードできます。

申請窓口

富田林市健康推進部健康づくり推進課(富田林市立保健センター)
住所:富田林市向陽台一丁目3-35
電話:0721-28-5520
受付時間:平日9:00~17:30
*郵送による申請はできません。(窓口にお越しください。)
*審査の結果につきましては郵送にて通知いたします。

その他

入院費、食事費、胚などの凍結した場合の管理料及び文書料は助成の対象とはなりません。