申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(国東市)

不妊治療を受けているご夫妻の経済的負担の軽減を図り、子どもを産みたい方が産めるように環境づくりを推進します。

(1)市と県が協力して、特定不妊治療
(A:新鮮胚移植、B:凍結胚移植、男性不妊治療(手術的精子回収術のみ)費の一部助成。
(2)市の単独助成では、県の助成対象外の部分を助成。但し、人工授精に限り、助成額・回数を制限。

申請市区町村のHPを確認

助成額

・凍結胚移植(採卵なし)※
・移植できず(採卵あり)※
・受精できず(採卵あり)※
・卵が得られず(採卵あり)※
・卵胞が発育しない、又は排卵終了のため中止
・採卵準備中体調不良のため中止
・凍結保存料
・所得超過(所得超過により対象外となった特定不妊治療費)
 上限10万円/年度
 ※印があるものは、県の助成の差額分が助成対象

申請期限

不妊治療を受けた日の属する月の翌月の初日から1年以内までとします。

助成回数

・通算5年度まで

対象者

※下記の(1)~(3)にすべて該当する方
(1)婚姻後1年以上経過した夫婦
(2)夫婦ともに、一年以上国東市の住民基本台帳に記録されている者
(3)医療機関が不妊症と診断し不妊治療を受けている者

対象となる治療

医療保険適応外の不妊治療費(入院費、食事代など治療に直接関係ない費用を除く)
但し、大分県の交付額を除いた不妊治療費です。

手続きに必要なもの

申請者が準備するもの:
(1)戸籍謄本
(2)印鑑
(3)振り込みを行う銀行等の通帳(申請を行う本人名義のもの)
(4)大分県不妊治療等助成金給付決定通知書の写し
   ※県に申請した方のみ
(5)治療にかかる領収書の写し
(6)所得証明書※所得超過により県の助成を受けていない者のみ必要

窓口で準備しているもの:
(1)国東市不妊治療費助成金申請書
(2)医療実施証明書(※県の助成該当者は県の提出書類の写し)
(3)薬剤内訳証明書(必要時)
(4)不妊治療費助成金交付申請に係る同意書
(5)口座振り込み依頼書※口座の変更なければ、2回目以降は提出不要

申請窓口

国東市役所 医療保健課 地域医療係
国東市国東町田深297番地12
TEL 0978-73-2450
※詳細は申請窓口へお問合せください。