申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(宇佐市)

不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図り、子どもを生みたい方が生めるように環境づくりを推進することを目的としています。

申請市区町村のHPを確認

助成額

・人工授精
・体外受精、顕微授精等の医療保険適用外の不妊治療費、検査料
・直接治療に必要な凍結保存料
 上限10万円/年度
 ※大分県不妊治療費等助成事業にも該当される方は県の助成金を控除した額の2分の1以内

申請期限

治療を受けた日の翌月から1年以内

助成回数

・制限なし

対象者

・法律上の婚姻をしている夫婦
・不妊症と診断された夫婦
・夫婦ともに宇佐市に住所を有し、1年以上経過している者
(夫婦のいずれか市外居住の場合は申立ての理由による)
・配偶者間の治療

対象となる治療

人工授精、体外受精、顕微授精等の医療保険適用外の不妊治療費等

手続きに必要なもの

1.宇佐市不妊治療費助成金交付申請書
2.医療機関実施証明書(県の助成該当者は県の提出書類の写し)
3.薬剤内訳証明書(必要時)
4.申請する不妊治療に係る領収書
5.大分県不妊治療費等助成給付決定通知書の写し(大分県不妊治療費等助成事業に該当する場合)
※ 1,2,3は宇佐市子育て支援サイトからダウンロードできます。窓口にも用意しています。

申請窓口

宇佐市 子育て支援課 母子保健係
宇佐市大字上田1030-1 宇佐市役所
TEL 0978-27-8145
※詳細は申請窓口へお問合せください。