申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(津久見市)

少子化対策の一つとして、安心して子どもを産み育てる環境の整備を推進するため、不妊治療に必要な経費の一部を助成することにより、その経済的負担を軽減し、次世代育成の推進を図ります。

申請市区町村のHPを確認

助成額

A.新鮮胚移植       県助成に含む
B.凍結胚移植(採卵あり) 県助成に含む
C.凍結胚移植(採卵なし) 上限10万円/回※2
D.受精できず(採卵あり) 上限10万円/回※2
E.移植できず(採卵あり) 上限10万円/回※2
F.卵が得られず(採卵あり)上限10万円/回※2
◎手術的精子回収術(特定不妊治療の助成対象治療と同時申請が必要)県助成に含む
※2 自己負担額の7割から大分県助成金控除後1回につき10万円(上限)

申請期限

1回の治療が終わり、大分県の助成決定がありましたら早くに、治療を終了した日の属する年度内に申請してください。(受付随時)
治療内容A・Bは市への申請は不要です。

助成回数

・40歳未満(妻の年齢)で治療開始:通算6回まで
・40歳以上(妻の年齢)で治療開始:通算3回まで

対象者

次の要件をすべて満たした日以後に受ける不妊治療が、助成の対象となります。

・夫婦のいずれかが本市に住民登録を有する人
・法律上の婚姻をしている人
・治療開始時の妻の年齢が43歳未満の夫婦
・夫婦のいずれも市税及び国保料の滞納がない人
・夫婦の年間所得額※3の合算が730万円未満の人
・他の市区町村で同一の治療に関して給付を受けていない人
◎特定不妊治療は、大分県特定不妊治療費等助成事業の助成決定を受けている人
※3 いわゆる税引前の収入のことではありません。一人分の所得=総収入金額から税法上の必要経費を引いた額(控除後の額)-80,000円(一律)-諸控除

諸控除は、雑損控除額、医療費控除額、小規模企業共済等掛金控除額、障害者控除額(普通)、障害者控除額(特別)、勤労学生控除額の合算です。

対象となる治療

◎特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
A.新鮮胚移植 ※1
B.凍結胚移植(採卵あり)※1
C.凍結胚移植(採卵なし)
D.受精できず(採卵あり)
E.移植できず(採卵あり)
F.卵が得られず(採卵あり)
◎手術的精子回収術(特定不妊治療の助成対象治療と同時申請が必要)
※1 大分県特定不妊治療費等助成事業として助成(大分県へ申請するとしからの助成も併せて受けられます。市への申請は不要です)

手続きに必要なもの

・不妊治療費助成事業交付申請書
・特定不妊治療費助成事業受診等証明書
・不妊治療に係る領収書
・大分県特定不妊治療費等助成事業の助成決定書の写し

申請窓口

津久見市役所 健康推進課
津久見市宮本町20番15号
TEL 0972-82-9523
※詳細は申請窓口へお問合せください。