申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(中津市)

中津市では、国、県とともに、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図り、子どもを生みたい方が生めるような環境づくりを推進するため、不妊治療費等の一部を助成しています。

申請市区町村のHPを確認

助成額

一組の夫婦に対して(1)と(2)合わせて一会計年度上限10万円まで助成
(1)医療保険適用外の治療費の一部を助成
・人工授精
・卵胞が発育せず排卵終了のため中止
・採卵準備中体調不良のため中止
・治療に直接関係する直前の凍結保存料
(2)医療保険適用外の治療費から県の助成額を引いた2分の1を助成
・凍結胚移植(採卵なし)※
・受精できず(採卵あり)※
・移植できず(採卵あり)※ 
・卵が得られず(採卵あり)※
※印があるものは県の決定通知書が申請の際に必要になります。

申請期限

治療を受けた日の属する月の末日から1年以内(必着)
3月までに申請を行った場合は「当該年度」分、4月に申請を行った場合は「翌年度」分の助成対象

助成回数

(1)人工授精等下記以外の治療に回数制限はありません。
(2)凍結胚移植(採卵なし)、受精できず(採卵あり)、移植できず(採卵あり)、卵が得られず(採卵あり)
・40歳未満(妻の年齢)で治療開始:通算6回まで
・40歳以上(妻の年齢)で治療開始:通算3回まで

対象者

・不妊症で治療が必要と診断された夫婦
・申請日において、婚姻後1年以上経過していること
・申請日において、夫婦ともに1年以上
 引き続き中津市の住民基本台帳に記録されていること
・市税を完納していること
・治療開始時に妻の年齢が43歳未満であること

対象となる治療

人工授精、採卵キャンセル(特定不妊治療G・H)、凍結胚移植時直前の凍結保存料、採卵を伴わない凍結胚移植(特定不妊治療C)、治療継続不可による中止(特定不妊治療D)、受精不能による中止(特定不妊治療E)、採卵実施するも卵得られず(特定不妊治療F)の医療保険適用外の治療費

手続きに必要なもの

中津市不妊治療助成金交付申請(請求)書に記入・押印して、次の1~8の関係書類を添付してください。
1.医療実施証明書(コピー不可)
 ※大分県に提出した場合は、大分県に提出したものと同じ治療、同額の証明書をお願いします。
2.薬剤内訳証明書
 ※上記1で、人工授精等県の助成がない場合は10万円、特定不妊治療C・Fは27万5千円、D・Eは35万円を超えている場合は必要ありません。
3.夫婦の一方が市外に居住しており、近い将来夫婦共に中津市に居住する見込みがある場合については市外居住についての申立書
4.中津市不妊治療費助成金交付申請に係る同意書
5.戸籍抄本 ※初申請時のみ(夫婦どちらか1枚)
6.市税納付状況確認承諾書(夫婦それぞれ1枚ずつ必要)
7.大分県特定不妊治療費等助成給付決定通知書の写し ※特定不妊治療C・D・E・F申請時
8.領収書のコピー

申請窓口

中津市役所 地域医療対策課 地域医療対策係
中津市豊田町14番地3
TEL 0979-22-1111(内線 682)
※詳細は申請窓口へお問合せください。

その他

新鮮胚移植(特定不妊治療A)、凍結胚移植(特定不妊治療B)、男性不妊治療(手術的精子回収術)については、保健所で申請していただくと、県と市の手続きを併せて行えるようになりました。