申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(帯広市)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、帯広市が独自に上乗せ助成を行います。また、43歳以上の場合についても助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した額に対して、7万5000円/回を限度とし、助成する

申請期限

原則、北海道の助成決定を受けた日の属する年度の3月末日。                                                                                   43歳以上の場合については、治療が終了した日の属する年度の3月末日

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、通算6回(40歳以上であるときは通算3回)

対象者

次のすべての要件を満たすものとする。ただし、特定不妊治療を受けた治療期間の初日における妻の年齢が43歳以上の場合においては(1)を要件としない。
(1)北海道特定不妊治療費助成の決定を受けた夫婦
(2)夫婦いずれかが、申請時において帯広市に住所を有していること
(3)法律上の婚姻をしていること
(4)夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること
(5)北海道知事が指定する医療機関において治療を受けた者
(6)他市町村で同様の治療に対し助成を受けてないこと

対象となる治療

治療の終了した特定不妊治療(体外受精および顕微授精)とし、夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療、代理母、借り腹のいずれにも該当しないものとする。

手続きに必要なもの

(1)帯広市特定不妊治療費助成申請書
(2)北海道特定不妊治療費助成事業の助成金決定指令書(43歳未満)
(3)特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(4)帯広市特定不妊治療費助成金交付請求書
(5)振込口座通帳(金融機関名、支店・出張所名、預金種別、口座名義人、口座番号等が確認できる箇所の写し)
(6)印鑑
(7)受診医療機関が発行する治療費用の領収書 (43歳以上)
(8)夫及び妻の前年(ただし1月から5月の間に申請する場合は前々年)の所得を証明する書類 (43歳以上)                          

申請窓口

帯広市保健福祉センター
住所:〒080ー0808
帯広市東8条南13丁目1番地
電話:0155-25-9722
受付時間:平日8:45~17:30

※郵送でも申請は可能です。

その他

審査の結果、助成が適当と認めるときは交付金支給決定通知書を通知します。