申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(国要綱に基づくもの)(臼杵市)

大分県では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担の軽減を図り、子どもを生みたい方が生めるような環境をつくるため、市町村(大分市を除く※)の負担分を含めた大分県の助成制度により、不妊治療費等の一部を助成しています。

申請市区町村のHPを確認

助成額

A:新鮮胚移植:上限30万円/回
B:凍結胚移植(採卵あり):上限39万円/回
C:凍結胚移植(採卵なし):上限7.5万円/回
D:受精できず(採卵あり):上限15万円/回
(初回の場合は上限30万円/回)
E:移植できず(採卵あり):上限15万円/回
(初回の場合は上限30万円/回)
F卵が得られず(採卵あり):上限7.5万円/回

・男性不妊:上限15万円/回
(初回の場合は上限30万円/回)

申請期限

※ 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた場合は、1回の治療が終了した日の属する年度の3月末日までとします。
1回の治療が3月中に終了した場合は、翌年度の4月末日までに申請することができます。(ただし、この場合は、翌年度分の助成となります。)
※2月以降は窓口が大変混み合いますので、できるだけ治療終了後2か月以内に申請をお願いします。
 2月以前に治療が終了した方は、3月末までに申請が必要です!!
※通算助成回数が6回を超える方、及び年齢が43歳以上で開始した不妊治療の助成申請はできません。
※3月末日、4月末日が閉庁日にあたる場合は、直近の開庁日までとなりますのでご注意ください。
 (例)3月31日が日曜の場合は3月29日の金曜日が締切

助成回数

・40歳未満(妻の年齢)で治療開始:通算6回まで
・40歳以上(妻の年齢)で治療開始:通算3回まで

対象者

(1)特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないかまたは極めて少ないと医師に診断されていること
(2)不妊治療の治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦であること
(3)ご夫婦の合計所得が年間730万円未満であること (所得の算定方法は説明ページをご覧ください)
(4)治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること
(5)申請時に夫婦のどちらかが県内にお住まい(要住民登録)であること
※ ただし、 大分市に居住しているご夫婦の行った不妊治療は、県の助成対象から除きます。
※夫婦別居の場合は、1年以内に夫婦ともに大分県内(大分市を除く)へ居住する見込みがあることが条件です。

対象となる治療

法律上の婚姻をしている夫婦が行った、体外受精、顕微授精等の医療保険適用外の特定不妊治療費等とします。

・新鮮胚移植
・凍結胚移植(採卵あり)
・凍結胚移植(採卵なし)
・受精できず(採卵あり)
・移植できず(採卵あり)
・卵が得られず(採卵あり)
・男性不妊

手続きに必要なもの

(1).大分県特定不妊治療費等助成金給付申請書(個人番号記載欄あり)
(2).医療実施証明書
医療実施証明書を受ける際に、薬剤の院外処方があり、領収などで薬剤の内訳が確認できない場合は、必要に応じて薬剤内訳証明書 を医療機関へ提出してください。(新制度の場合、医療機関が証明を行うので、第3号様式の提出は不要ですが、領収書を紛失した場合は領収書の代わりに添付することができます。)
(3).住民票の写し等
夫及び妻の住所を確認できる書類として必要。続柄の表示のあるもの
(4).戸籍謄本等
治療開始時に法律上のご夫婦であること等を証明する書類として必要
※初回の助成申請時には必ず必要です!!ご注意ください。
※平成25年度以前から助成を受けている場合で住民票で夫婦であることが確認できる場合は不要
(5).大分県特定不妊治療費等助成金給付申請に係る同意書
※1回の申請ごとに必要です。
(6).ご夫婦それぞれの税額証明書前年の所得額証明書等(市町村発行のもの)
※1月から5月までの申請については前々年の所得額が確認できる書類になります。
※源泉徴収票のみではほかの所得や控除額が確認できませんので必ず市町村役場発行の証明書でお願いします。
※「税額証明書」など、総所得金額及び所得税にかかる諸控除(医療費控除等)の内容が確認できるものとします。(名称が市町村ごとに多少異なります。)ご夫婦それぞれ1通ずつ必要です。
(7).治療にかかる領収書の写し
※領収書が証明金額に満たない場合は、領収書で確認できる額が上限となります。
(8).精巣内精子回収術実施証明書
手術的精子回収術を実施した場合(医療実施証明書へ併せての証明が必要)
(9).薬剤内訳証明書
※提出する必要はありません!! 領収書を紛失した場合は領収書の代わりになります。
(10).県外居住についての申立書
※ ご夫婦のいずれか一方が県外に居住している場合 
(11).大分市居住についての申立書
※ ご夫婦のいずれか一方が大分市に居住している場合 
(12).その他必要書類
状況に応じて、確認のためにその他の書類を求めることがあります。
<<参考>>
・大分県特定不妊治療費等助成金請求書
※請求時様式  申請の際は、通帳の番号が確認できるもの(表紙のコピーなど)お持ちください。
・委任状
※代理人が申請する場合に必要となります。

申請窓口

中部保健所
臼杵市臼杵洲崎72-34
TEL 0972-62-9171
※詳細は申請窓口へお問合せください。

その他

支給方法
・審査の結果、給付を決定した方には、大分県不妊治療費等助成金給付決定通知書を交付します。
同時に交付する大分県不妊治療費等助成金請求書の提出により、後日、個人口座にお振り込みします。