申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(網走市)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、網走市が独自に上乗せ助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金の決定を受けた夫婦に対して、室蘭市が独自に上乗せ助成を行います。

申請期限

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した額に対して、1回5万円を限度とし助成します。

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、通算6回(40歳以上であるときは通算3回)

特定不妊治療費助成事業による助成を受けて子どもをもうけた夫婦が、第2子以降の特定不妊治療を行う場合、上記の助成回数の規定にかかわらず、第2子以降の治療の対象となる子ども毎に初めて助成を受ける際の治療期間の初日における妻の年齢が、40歳未満であるときは通算6回(40歳以上43歳未満であるときは3回)まで助成。

対象者

不妊治療をしなければ妊娠の見込が無いかまたは極めて少ないと医師に診断され実際に治療を受けた方で、次のすべての要件に該当する方。
(1)夫婦のいずれかが網走市に住民登録を有する人
(2)法律上の婚姻をしている人
(3)夫婦の前年の所得(1月~5月までの間に申請があった場合については前々年の所得)合計額が730万円未満であること。
(4)北海道特定不妊治療費助成事業で北海道知事が指定する医療機関で治療を受けた人。ただし。やむを得ない事情等で道外の医療機関で治療を行った場合については、次のとおりとする。
①道外の都府県等において、同様の事業を実施し医療機関として指定を受けている場合は、その医療機関も指定医療機関と見なす。
②道外の都府県等において、同様の事業を実施しておらず、指定医療機関がない場合は、日本産婦人科学会の会告等に定める要件を満たし、学会の諸登録施設であれば、指定医療機関とみなす。

対象となる治療

北海道の制度を受けることができた特定不妊治療

手続きに必要なもの

(1)不妊治療費助成金交付申請書(第1号様式)
(2)北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し
(3)その他市長が必要と認める書類

申請窓口

網走市保健センター
住所:網走市北3条西4丁目
電話番号:0152-43-8450
受付時間:8:45~17:30

その他

申請内容を審査し、承認を受けた方に対し、交付決定通知書を郵送します。
その後、ご指定の口座に助成金を振り込みます。