申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(羅臼町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療助成事業助成金を受けた夫婦に対して、羅臼町が独自に上乗せ助成を行います。

助成額

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した額に対して、1年度につき10万円、通算50万円を限度とし、助成します。また注射や投薬、人工授精など保険の適応外の不妊治療で、この治療に要した費用の自己負担額とし、1年度につき5万円、通算5年間を限度とします

申請期限

北海道特定不妊治療費助成交付通知書が届いてから3か月以内とします。

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは通算6回(40歳上であるときは通算3回)

対象者

対象となる治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断され、実際に治療を受けた者のうち、次のすべての要件に該当する者とします。①羅臼町に住民登録を有する者、②法律上の婚姻をしている者、③夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請については、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること、④道助成事業で北海道知事が指定する医療機関で治療を受けた者

対象となる治療

特定不妊治療に対象となる治療

手続きに必要なもの

①不妊治療費助成受診等証明書
②夫及び妻の所得額を証明する書類
③治療に係る領収書
④道助成事業の助成決定通知書の写し
⑤その他町長が必要と認める書類
⑥印鑑
⑦振込口座通帳(金融機関名、支店・出張所名、預金種別、口座名義人、口座番号等が確認できる箇所の写し)

申請窓口

羅臼町役場保健福祉課
住所:〒086-1892目梨郡羅臼町栄町100番地83
電話:0153-87-2161
受付時間:平日8:45~17:30
※郵送での申請はできません。(窓口へお越しください)

その他

※申請内容を審査のうえ、承認を受けた方に対して、交付決定通知書を郵送するとともに、口座振込により助成金を支給します。