申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(白老町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、白老町が独自に上乗せ助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した額を助成する。ただし、助成の上限額については、①採卵を伴う治療:10万円②以前に凍結した胚を用いるなど採卵を伴わない治療、状態の良い卵を得られない等のため治療を中止した場合、男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術):5万円を限度とする。

申請期限

原則として道助成事業の決定を受けてから45日以内、かつ、治療を終了した日の属する年度内

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、通算6回(40歳以上43歳未満である時は通算3回)

対象者

・北海道特定不妊治療費助成事業による助成を受けた者(既に北海道の承認通知を受けていること)でかつ、治療の開始日から申請日まで夫婦のどちらかが白老町に住所を有すること。
・法律上の婚姻をしていること。
・町税等の滞納がないこと。
・妻の年齢が43歳未満であること。

対象となる治療

北海道の制度を受けることができた特定不妊治療

手続きに必要なもの

(1)白老町特定不妊治療費助成事業交付申請書
(2)北海道特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書
(3)北海道特定不妊治療費助成事業受診等証明書(写し)
(4)印鑑(シャチハタ不可)
(5)振込口座通帳(金融機関名、支店・出張所名、預金種別、口座名義人、口座番号等が確認できる箇所の写し)

申請窓口

白老町総合保健福祉センター
住所:〒059-0904 白老町東町4丁目6番7号
電話:0144-82-5541
受付時間:平日8:30~17:15

その他

審査の結果、適正と認めるときは交付金支給決定通知書を通知します。
(適正と認めないときはその理由を付した交付金支給不承認通知書を通知します)