申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(下川町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、下川町が独自に上乗せ助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療費用から道事業の助成金額を減じた自己負担額の2分の1かつ1回あたり15万円を限度とします。ただし、道事業により助成を受けていた者が、回数制限により道の助成金を受けられないときは、自己負担額の2分の1かつ1回15万円を限度とします。

申請期限

期限はないが、道事業の決定後に速やかに行うものとします。

助成回数

制限なし
(治療が終了した日の属する年度を1年目として通算5か年度の期間内)

対象者

不妊治療を希望している夫婦で次に掲げる要件を全て満たす者とします。ただし、夫婦以外の第3者から提供を受けた精子、卵子及び胚による不妊治療、代理母並びに代理出産によるものは対象としません。
(1) 北海道特定不妊治療費助成事業(以下「道事業」という。)の対象となっている者
(2) 夫婦ともに町内に住所を有している者
(3) 法律上の婚姻をしている者
(4) 前年度の町税及び使用料等の滞納がない者
(5) 夫婦の前年所得の合計額が730万円未満であること(所得の計算方法は、道事業に準じる。)
(6) 上川総合振興局管内の医療機関で、かつ道事業の指定医療機関で治療すること

対象となる治療

北海道の制度を受けることができた特定不妊治療

手続きに必要なもの

(1) 下川町不妊治療費助成申請書
(2) 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定書
(3) 印鑑
※事前にお問い合わせください

申請窓口

下川町総合福祉センター「ハピネス」
住所:〒098-1206
上川郡下川町幸町40番地1
電話:01655-4-3356
受付時間:9:00~16:30(事前にご連絡いただくことで、これ以外の時間帯も対応可能)
※郵送不可

その他

必要書類を審査し、助成が適当であると認めたときは、下川町不妊治療費助成金交付決定通知書により通知し、口座振込により助成金を支給します。