申請可能な助成

こうのとり健診推進事業(行田市)

2018年1月から、不妊検査を受けた夫婦を対象に、費用の一部を助成します必ず申請前に申請市町村のHPをご確認ください

申請自治体のHPを確認

助成額

対象となる検査の費用のうち、自己負担額(医療保険の適用があった場合は医療保険による給付を除く)に対して上限2万円(千円未満切り捨て)を助成します。

申請期限

不妊検査終了日から当該年度の年度末まで。ただし、2月1日から3月31日までの間に検査の終期が属するものについては、翌年度5月31日まで申請することができます。

助成回数

助成回数は夫婦1組につき1回までです。

対象者

次の1~4をすべて満たす夫婦
1.婚姻している夫婦。
2.申請日に、夫婦の双方または一方が本市に住民登録があること。
3.検査開始時の妻の年齢が43歳未満
4.夫婦ともに、市税等(市民税、固定資産税、国民健康保険税等の市が課した税)に滞納がないこと。

対象となる治療

次の1~2のすべての項目に該当することが必要です。
1 指定医療機関で受けた不妊検査(指定医療機関と連携する泌尿器科医師が行う検査も含む)
2.夫婦共に受けた不妊検査であり、検査開始日がいずれか早いほうの日1年以内の検査。ただし、不妊

治療の一環として受ける不妊検査は対象とはなりません。

※指定医療機関とは、特定不妊治療で知事等が指定する医療機関のことです。詳しくは埼玉県ホームページの「埼玉県不妊治療費助成事業のご案内」の「指定医療機関について」をご覧ください。

手続きに必要なもの

・医療機関が記載した「行田市早期不妊検査実施証明書」
・行田市早期不妊検査費助成事業助成金支給申請書兼請求書
・不妊検査の領収書(原本)(審査終了後、後日返却します)
・申請者の認め印(朱肉を使用するもの)
・助成金の振込みを希望する申請者の銀行口座の通帳
・法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(夫婦で住所が異なる場合、または夫婦の両方もしくはいずれかが外国人の場合のみ)
※夫婦のいずれかが外国人の場合は、日本人配偶者の「戸籍謄本」。
※両方外国人の場合は、「婚姻届受理証明書」もしくは「婚姻届記載事項証明書」住所を確認できる書類(夫婦のいずれかの住民票が行田市以外にある場合のみ)

申請窓口

健康福祉部保健センター母子担当
電話番号:048-553-0053
ファクス:048-555-2551

その他

※2020年5月時点の公式HP上の情報です。