申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(上川町)

不妊に悩む夫婦が負担する特定不妊治療に要した治療費の一部に対して、上川町が助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療1回につき15万円を限度として助成する。ただし、北海道特定不妊治療費助成事業対象者は、助成額を差し引いた額とする。

申請期限

特定不妊治療の治療が終了した日の属する年度内(3月末日)ただし、特別な事情がある場合は翌年度の申請も可。

助成回数

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満であるときは通算助成回数6回まで、40歳以上43歳未満である時は通算助成回数3回までとする。

対象者

この助成を受けることができる者は、次の全ての要件に該当する者とする。
(1)不妊治療が行われた日及び申請を行う日に、夫婦いずれかが上川町に住所を有する者
(2)助成対象治療が行われた日において、妻の年齢が43歳に達していない者
(3)申請を行う日において、夫婦とも町税等の滞納がない者
(4)医療保険各法の規定に基づく被保険者等又は生活保護法に規定する医療扶助の対象外の治療を受けた者
(5)他の市町村から助成対象治療の助成を受けていない者

対象となる治療

不妊症の原因・疾患に対して医療機関で行われる薬物療法、手術療法をいう。ただし、次に掲げる治療又は方法は除くものとする。
 ア.夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療
 イ.代理母(妻が卵巣と子宮を摘出したことなどにより、妻の卵子が使用できず、かつ、妻が妊娠できない場合に、夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠及び出産するもの)
 ウ.借り腹(夫婦の精子と卵子は使用できるが、子宮摘出等により妻が妊娠できない場合に、夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して、当該第三者が妻の代わりに妊娠及び出産するもの)

手続きに必要なもの

(1)上川町不妊治療費助成事業申請書
(2)上川町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(3)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(住民基本台帳で確認できる場合は不要)
(4)助成対象治療に係る領収書
(5)北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し(ただし、道の助成を受けていない者は除く)

申請窓口

上川町役場 保健福祉課
健康増進グループ
住所:〒078-1753
上川郡上川町南町180番地
電話(01658)2-4054
受付時間:平日8:30~17:15

その他

審査の結果、適正と認めるときは「上川町不妊治療費助成事業承認決定通知書」を通知します。
(適正と認めないときはその理由を付して「上川町不妊治療費助成事業不承認決定通知書」を通知します)