申請可能な助成

こうのとり健診推進事業(熊谷市)

不妊検査に係る費用の自己負担額に対して、夫婦一組につき3万円(千円未満切り捨て)を上限に1回限り助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

不妊検査に係る費用の自己負担額に対して、夫婦一組につき3万円(千円未満切り捨て)

申請期限

検査が終了した日の属する年度末(3月31日)までに申請してください。
2月1日から3月31日までの期間に終了した場合に限り、5月31日まで申請を受け付けます。

助成回数

夫婦につき1回限り

対象者

すべての項目に該当するかたとなります。
1.申請時に法的に婚姻している夫婦。
2.夫婦の双方又は一方が本市の住民票に記載されていること。
3.検査を開始する日における妻の年齢が43歳未満であること。
4.本市の市税を完納していること。

対象となる治療

指定医療機関(※1)または助成対象医療機関(※2)の医師が、不妊症または不育症の診断のために行う一連の検査が対象です。
1.夫婦が共に受けた不妊検査または不育症検査で、検査期間が1年以内であること。
2.指定医療機関と連携する泌尿器科の医師が実施した検査も含みます。
3.医療保険適用・適用外は問いません。
4.特定不妊治療の一環の検査は、対象外です。

※1の説明
特定不妊治療を実施する都道府県等の長が指定する医療機関
※2の説明
埼玉県のホームページで公表する医療機関

手続きに必要なもの

「熊谷市早期不妊検査費等助成金支給申請書」に次に掲げる書類を添えて、申請窓口へ申請してください。郵送による申請は受け付けておりません。
(新型コロナ感染症感染拡大防止のため当面の間、郵送での申請を受付けます。)
① 「戸籍全部事項証明(戸籍謄本)」若しくは申請者2人の「戸籍個人事項証明(戸籍抄本)」(婚姻日及び婚姻中であることが確認できるものに限る。)又はそのコピー
② 申請者の「住民票の写し」又はそのコピー(本籍、筆頭者及び続柄が記載されたもので、発行から3か月以内に限る。)。ただし、熊谷市の住民票に記載されている方は省略することができます。
③ 不妊検査実施証明書(様式第2号)又は不育症検査実施証明書(様式第2号の2)
④ 検査費の領収書(原本)
⑤ 熊谷市早期不妊検査費等助成金請求書
⑥ 振込先口座番号のわかるもの
⑦ 朱肉を使用する印鑑

申請窓口

■熊谷市 市民部 健康づくり課
熊谷市箱田1-2-39 熊谷保健センター内
電話番号:048-528-0601

■熊谷市 市民部 母子健康センター
熊谷市大原1-5-36
電話番号:048-525-2722
必ず申請前に申請市町村のHPをご確認ください

その他

※2020年5月時点の公式HP上の情報です。