申請可能な助成

不育症治療費助成事業(河内長野市)

妊娠はするけれど、流産、死産などを繰り返してしまう不育症の治療に要した医療保険適用外の治療費の一部を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

1年度(4月から翌年3月)に30万円を上限に助成。

申請期限

原則として、治療が終了した日(その妊娠に関する出産あるいは流産の時点)から3か月以内。

助成回数

制限なし。

対象者

助成対象者は、次の要件をすべて満たす方とします。
(1)治療日、申請日ともに高槻市に住所を有する夫婦であること。
(2)法律上の婚姻をしている夫婦であること。
(3)医療機関で不育症治療の必要があると医師に診断され、その治療を受けた夫婦であること。 

対象となる治療

医療機関において行われた保険外診療の不育症治療のみ(検査費用は対象外)とします。
また、保険診療と保険外診療を組み合わせて行なう混合診療は対象になりません。

手続きに必要なもの

次の1から5を揃えて、申請してください。
1.高槻市不育症治療費助成事業申請書(様式第1号)
2.高槻市不育症治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)
1回の治療の終了後に、受診した指定医療機関で証明を受けてください。
3.不育症治療に要した費用の領収書(原本)
「受診等証明書(様式第2号)」に証明を受けた金額・治療期間分のものすべてが必要です。
4.印鑑
※さらに、続柄などが確認できない場合は、証明書類の提出をお願いする場合があります。

申請窓口

高槻市保健センター
住所:高槻市城東町5番1号
電話番号:072-661-1108
※2019年4月より、高槻市保健センターは高槻市立子ども保健センター(住所:高槻市八丁畷町12番5号、高槻子ども未来館2階)へ移転します。

高槻市立西部地域保健センター
住所:高槻市富田町2丁目4番1号
電話番号:072-696-9460
※郵送での申請も可としますが、簡易書留などで郵送してください。
なお、領収書の返送をご希望の方は、必要額の切手を貼った返信用封筒を同封してください。

その他

●助成金の支給方法
助成が承認された場合、申請者本人に通知し、申請者の口座に助成金を振り込みます。配偶者の口座への振込みはできません。申請書には必ず申請者が名義人である口座をご記入ください。
●支給申請の不承認、助成の取り消し
要件に該当しないなど助成金を支給できない場合は、不承認決定通知書を送付します。また、不正な手段をもって助成を受けた場合には、助成金を返還していただきます。
●医療費控除について
原則、税務署に医療費控除の申告をする前に本助成金の申請を行い、本助成金の助成額を差し引いて医療費控除の申告をしてください。
年度末に治療が終了する場合は、先に医療費控除の申告を行うこともできます(医療費控除の対象となるものは、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費となります)。ただし、先に医療費控除の申告を行う場合でも、受け取る予定の本助成金の助成額を差し引いて医療費控除の申告をしてください。受け取る予定の本助成金の助成額を差し引かず医療費控除の申告を行った場合は、後日修正申告が必要となりますのでご注意ください。