申請可能な助成

不育症治療費助成事業(八尾市)

妊娠はするけれど、流産、死産などを繰り返してしまう不育症の治療に要した医療保険適用外の治療費の一部を助成します

申請市区町村のHPを確認

助成額

1年度(4月から翌年3月)に30万円を上限に助成

申請期限

原則として、治療が終了した日(その妊娠に関する出産あるいは流産の時点)から3か月以内。

助成回数

制限なし。

対象者

医療機関で不育症治療の必要があると医師に診断され、その治療を受けた方で、次の①~③すべてに該当する方。
①治療日及び申請日時点ともに八尾市民であること。
②医療保険の被保険者または被扶養者であること。
③法律上の婚姻をしている夫婦であること。
④市税を滞納していないこと。市税とは、市民税、固定資産税、軽自動車税などです。

対象となる治療

平成30年4月1日以降に国内の医療機関で受けた保険適用対象外の不育症治療の一部を助成します。不育症治療に要した費用(院外薬局で処方された薬代を含む。検査費用・管理料は含まれません)に対して、1回の治療につき30万円まで助成します。
「1回の治療」とは、1回の妊娠により、出産、流産又は死産に伴い治療が終了するまでの期間におけるすべての治療をいいます。また、同一年度に複数回申請をする場合は、上限30万円まで助成します。

手続きに必要なもの

①不育症治療用補助金交付申請書
②不育症治療内容証明書
③不育症治療(検査)を行った医療機関発行の領収書(原本)。
(領収書に不育症以外の治療費が含まれているときは、医療機関発行の診療内容明細書等の治療内容と金額がわかるものも必要です。)
医師の処方により院外薬局での薬の処方を受けた場合は、薬局の領収書(原本)*領収証は原本照会後、希望者に返却します。
④申請者の健康保険証の写し
⑤申請者の住民票と市税の完納証明書
⑥振込先口座が確認できる預金通帳またはカードの写し(申請者名義の口座)
⑦治療終了日が出産日の場合は、母子健康手帳などの出産したことを証明する書類の写し
⑧認印(郵送申請の場合は申請書に押印してください)

申請窓口

八尾市保健所 保健予防課 保健予防係
電話:072-994-6644
Fax:072-922-4965

その他

必要書類をすべて揃えて八尾市保健所保健予防課まで申請してください。申請は郵送でも可としますが、簡易書留などで領収書返送用の返信封筒(切手貼付)を同封して郵送してください。
申請期限は治療が終了した日(出産あるいは流産の判定日)から3か月以内です。
治療終了後は、速やかに申請の手続きをしてください。ただし、治療途中での申請はできませんので、必ず治療終了後に申請してください。
*申請・請求事項に虚偽・不正等があった場合は、助成金の交付決定の取り消し又は助成金を返還していただくことがあります。