申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(滝上町)

不妊治療を受けた者に対し不妊治療に係る費用を助成することで、その世帯における経済的負担の軽減を図る。
北海道不妊治療費助成事業対象の場合、当該助成額を控除した額を助成。

申請自治体のHPを確認

助成額

1回の治療につき、採卵を伴う、精子を採取するための手術を行った場合は15万円まで、採卵を伴わないまたは治療を中止した場合は7.5千円まで。
道の助成対象の方は当助成額を控除した額。

申請期限

原則として治療が終了した日の属する年度内。
特別な事情により年度内に申請できない場合は、翌年度に申請することができる。

助成回数

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満であるとき通算助成回数は6回まで、40歳以上43歳未満であるときは3回までとする。

対象者

不妊治療を受けなければ妊娠の見込みがない、または少ないと医師に診断され、実際に不妊治療を受けた者のうち、次の要件のいずれにも該当する者。
(1)夫婦のいずれかが滝上町の住民基本台帳に登録されていること。
(2)法律上婚姻が確認できる夫婦であること。
(3)治療を受ける妻の年齢が43歳未満であること。
(4)他の市区町村において、特定不妊治療及びその他不妊治療に要した費用の助成を受けていないこと。
(5)北海道特定不妊治療費助成事業実施要綱の規定に基づく助成の対象となる場合にあっては、当該助成事業の支給決定
  を受けていること。

対象となる治療

(1)体外受精
(2)顕微授精
(3)体外受精及び顕微授精における男性不妊治療
 (例:精巣内精子回収法、精巣上体精子吸引法など精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)
(4)上記以外の不妊治療
 (例:タイミング法、ホルモン療法、人工授精など)
※保険診療外のものに限る。治療に直接関係のない入院代、食事代、文書料等は対象外。
※夫婦以外の第三者からの精子、卵子、または胚の提供による不妊治療、代理母出産等は対象外。

手続きに必要なもの

(1)滝上町不妊治療受診等証明書
(2)発行日から3か月以内の住民票謄本若しくは夫及び妻の住民票抄本(個人番号を除く記載事項の省略をしていないもの。)。
(3)不妊治療を受けた医療機関及び当該医療機関が処方した不妊治療のための処方薬に係る調剤薬局発行の領収書。
(4)夫妻の所得額を証明する書類。
(5)北海道特定不妊治療費助成事業の交付決定書の写し(該当する者に限る。)。
(6)その他対象者等の確認に必要な書類。
※北海道特定不妊治療助成事業の交付決定を受けている場合、提出書類を省略できる。

申請窓口

滝上町役場
住所:〒099-5692
北海道紋別郡滝上町旭町
電話:0158-29-2111
受付時間:平日8:30~17:15

その他

申請内容を審査の上助成金の可否を決定し、滝上町不妊治療費助成決定(却下)通知書により申請者に通知する。