申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(比布町)

第1子又は第2子を対象とした特定不妊治療について、自己負担額の一部を助成。(北海道特定不妊治療費助成事業の該当の有無に関わらず、助成)

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療に要した費用額について、1回の治療につき15万円まで助成。(北海道特定不妊治療費助成事業の該当になる場合には、助成金額を控除した額に対して助成)

申請期限

治療が終了した日の属する年度内。ただし、特別な事情により年度内に申請できない場合は、年度内の申出により翌年度の申請も可。

助成回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、43歳になるまでに通算6回(40歳以上であるときは43歳になるまでに通算3回)

対象者

産科、婦人科若しくは産婦人科または泌尿器科において不妊症と診断され、治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満の夫婦のうち、次の要件を全て満たす方
(1)法律上の婚姻をしている夫婦であること
(2)夫婦とも比布町に住所を有する者
(3)助成金交付申請日まで比布町内に在住していること
(4)医療保険各法の規定に基づく被保険者若しくは組合員または被扶養者
(5)夫婦のいずれも町税及び使用料等の滞納がないこと

対象となる治療

特定不妊治療。(文書料、個室料等の治療に直接関係のない費用は除く)。ただし、以下の治療の場合は対象外。
(1)夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療
(2)妻が卵巣と子宮を摘出したことなどにより、妻の卵子が使用できず、かつ、妻が妊娠できない場合に、夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して妻の代わりに妊娠・出産する場合。
(3)夫婦の精子と卵子を使用できるが、子宮摘出等により妻が妊娠できない場合に、夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して妻の変わりに妊娠・出産する場合。

手続きに必要なもの

(1)比布町不妊治療費助成事業申請書
(2)比布町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(3)不妊治療に要した費用の領収書
(4)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(住民基本台帳で確認がきる場合は不要)
(5)健康保険証(夫婦ともに提示)
(6)印鑑
(7)「北海道特定不妊治療費助成事業」による助成金額を証明できる書類(事業該当者のみ)

申請窓口

比布町保健センター
住所:〒078-0343
比布町中町1丁目1番4号
電話:0166-85-2555
受付時間:平日8:30~17:15

※郵送による申請の場合は夫婦それぞれの健康保険証のコピー、通帳の支店名・口座番号が明記されているページのコピーを同封の上、簡易書留で郵送

その他

審査の結果、助成の承認をしたときは承認決定通知書により通知。(不承認としたときは不承認通知書により通知)