申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(鷹栖町)

体外受精及び顕微授精による不妊治療の一部を助成。
平成28年度からは、特定不妊治療にいたる過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(以下「男性不妊治療」)を行った場合にも一部助成。

申請自治体のHPを確認

助成額

1回の治療につき上限額15万円、男性不妊治療を行った場合も1回の治療につき15万円まで助成(ただし北海道が行う助成制度の対象となる場合は、道からの助成金の額を除いた額を助成)。

申請期限

治療終了後、当該年度内

助成回数

43歳までに6回を上限。

対象者

次の①~⑤まですべてに該当する方が対象
①産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科で不妊症と診断され、治療を受けた方
②法律上の婚姻をしているご夫婦
③夫又は妻のいずれか一方若しくは両方が鷹栖町に住所を有している方
④医療保険に加入している方(国民健康保険、協会けんぽなど)
⑤夫婦どちらも町税、使用料などの滞納がない方

対象となる治療

体外受精、顕微授精。男性不妊治療:精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(精巣内精子回収法、精巣上体精子吸引法、精巣内精子吸引法、経皮的精巣上体精子吸引法)。

手続きに必要なもの

①不妊治療費助成事業申請書
②一般不妊治療費助成事業受診等証明書又は特定不妊治療費助成事業受診等証明書
③夫婦であることを証明できる書類(住民基本台帳で確認できる場合は不要)
④不妊治療にかかる領収書(原本をご持参ください)
⑤夫婦の健康保険証
⑥町税等納付状況調査同意書(ご夫婦それぞれ1枚ずつ)
⑦印鑑
⑧助成金を振り込む申請者名義の口座情報のわかるもの

申請窓口

鷹栖町健康福祉課保健推進係
住所:鷹栖町南1条3丁目2番1号サンホールはぴねす内
電話:0166-87-2112(内線509)

その他

※申請内容を審査のうえ、承認を受けた方に対して、交付決定通知書を郵送するとともに、口座振込により助成金を支給します。