申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(余市町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、余市町が独自に上乗せ助成を行います。
年齢または所得により北海道の助成対象とならない夫婦に対しても助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

ア 北海道特定不妊治療費助成事業により助成を受ける場合自己負担額から北海道の助成額を差し引いた額に対し助成。
(1)採卵を伴う治療の場合は、治療に要する費用の自己負担額から道事業助成金を控除した残額に対し助成。初回治療は、15万円を限度、2回目以降の治療は、1回の治療につき7万5,000円を限度。
(2)採卵を伴わない治療又は医師の判断により治療を中断した場合は、自己負担額から道事業助成金を控除した残額に対し助成、1回の治療につき3万7,500円を限度。
イ 年齢制限を事由に道事業の助成を受けられない場合は、アを適用。
ウ 所得制限により道事業の助成を受けられない場合
(1)採卵を伴う治療の場合は治療に要する費用の自己負担額に対し助成、10万円を限度とし、2回目以降の治療は、1回の治療につき5万円を限度。 (2)採卵を伴わない治療又は医師の判断により治療を中断した場合は、自己負担額に対し助成、1回の治療につき2万5,000円を限度。
(3)男性不妊治療 道事業により助成を受ける場合は、治療に要する費用の自己負担額から道事業助成金を控除した残額に対し助成、1回の治療につき7万5,000円を限度。道の助成を受けられない場合は治療に要する費用の自己負担額に対し助成、1回の治療につき5万円を限度。

申請期限

6カ月以内

助成回数

6回

対象者

法律上の婚姻をしていること。
夫婦のいずれかが町内に住所を有すること。
夫婦ともに町税の滞納がないこと。
他の市町村において、同一治療において助成を受けていない、または受ける見込みがないこと。

対象となる治療

特定不妊治療であること。

手続きに必要なもの

①余市町不妊治療費等助成金交付申請書
②状況照会に関する同意書
③北海道の助成事業の助成決定通知書の写し(対象のみ)
④医療機受診等証明書(北海道の助成対象外の場合)
⑤領収書
⑥夫婦の健康保険証の写し
⑦振込先が確認できるもの(通帳等)
⑧印鑑

申請窓口

余市町民生部子育て・健康推進課 〒46-8546余市町朝日町26番地 ℡0135-21-2122 受付時間8:45~17:15 ※郵送による提出不可