申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(今金町)

治療に要した医療費の自己負担額(北海道特定不妊治療費助成事業により受けることが可能な金額を控除した額とする。)に対して、1回の治療につき15万円まで助成とし、1人当たり上限6回を超えないものとする。ただし、北海道特定不妊治療費助成事業該当者においては、2回目以降を助成対象とし、1人当たり上限5回を超えないものとする。

申請自治体のHPを確認

助成額

助成内容参照

申請期限

不妊治療終了の日の属する年度内に申請

助成回数

助成内容参照

対象者

・法律上の夫婦であること
・申請日において、夫婦ともに今金町に1年以上住民票があること
・医療保険各法による被保険者もしくは被扶養者であること
・税金の滞納がない方
・過去に他の市町村で同様の助成を受けていない方
・妻の年齢が治療開始日に43歳未満であること
・北海道特定不妊治療助成事業を申請した方はそちらが優先される。
※助成の対象になる不妊治療は、上記をすべて満たした日以降に受ける不妊治療とする。

対象となる治療

・体外受精・顕微授精(卵胞が発育しない等の理由により、卵子採取以前に中止した場合を除き、医師の診断に基づき、やむを得ず中断の場合含む。)

手続きに必要なもの

①申請書
②受診等証明書
③対象条件を確認できる書類(保険証の写し等)
④領収書
⑤北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定指令の写し(該当者のみ)

申請窓口

今金町保健福祉課
健康づくりグループ
保健師
<住所>
049-4308
北海道瀬棚郡今金町字今金17番地の2
<電話>
0137-82-2780

その他

文書料、食事療養費標準負担額、個室料等の直接的な治療ではない費用は含まない。