申請可能な助成

不妊検査費助成事業(田尻町)

不妊症及び不育症の検査・治療を受けるご夫婦の経済的負担を軽減するため、検査・治療費の一部を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

一人につき、年度ごとに上限5万円

申請期限

検査及び治療を受けた日の属する年度の3月末まで。
※ただし、当該年度分治療が3月まである場合は4月末日まで。

助成回数

回数制限なし

対象者

次の①~⑤の要件のすべてを満たす方に助成します
①法律上の夫婦であること
②医師による不妊症・不育症の検査・治療の必要があると判断された方
③助成を受ける不妊症及び不育症の検査・治療日から申請日まで継続して田尻町に住所を有すること
④夫及び妻の前年所得の合計額が730万円未満であること
⑤助成を受ける妻については、検査・治療開始日が43歳未満の方

対象となる治療

次の①~④に掲げる検査・治療を助成の対象とします
①医療保険各法に規定する療養の給付が適応になる不妊治療
例:タイミング療法、薬物療法、手術治療など
②医療保険適用外の不妊治療のうち、大阪府の特定治療支援事業分を除く治療
例:人工授精など
※ただし、夫婦以外の第3者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療又は代理母・借り母による治療は対象となりません
③治療の一環として行われる検査・治療開始前の不妊原因を調べるための検査
※不妊検査の結果、不妊症と診断されなかった場合でも、検査費用は助成の対象とします
④医療保険の適応の有無にかかわらず、不育症検査及び治療
例:薬物療法、手術治療、抗体検査、染色体検査など

手続きに必要なもの

次の①~⑦のすべてが必要です
①「田尻町総合的不妊治療助成申請書(様式第1号」
②「田尻町総合的不妊不育治療助成医療機関等受診証明書(様式第2号)」
③不妊症及び不育症の検査・治療の費用に係る領収書の原本
④申請書に押印された印鑑
⑤申請者の保険証のコピー
⑥振込口座通帳のコピー
⑦限度額認定書のコピー(該当者のみ)

申請窓口

田尻町健康課(ふれ愛センター内)

その他

・田尻町では不妊治療、不妊検査、不育症治療について、総合的助成事業として実施しています。
・申請書類の審査終了後、適正であると判断された場合に、申請者本人に決定通知書を郵送するとともに申請書記載の口座に振り込みます。指定の口座への振り込みまでには、1ヶ月から3ヶ月かかります。
・審査の結果、要件に該当しないなど助成金を支給できない場合は、申請者に対し、理由を付した通知書を送付いたします。