申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(愛別町)

特定不妊治療を受けた夫婦に対して、一定の金額を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

1回の治療につき15万円まで。ただし、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦については、その助成金を差し引いた額とする。

申請期限

なし

助成回数

通算10回、5年間。
第2子以降についても、治療の対象となる子どもごとに、通算10回、5年間助成する。

対象者

助成対象者は、次の要件をすべて満たす方とします。
(1)法律上の夫婦
(2)夫婦どちらも愛別町に居住おり、引き続き助成金交付申請日まで町内に在住している方
(3)産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科で不妊症と診断され、治療を受けた方
(4)医療保険に加入している方
(5)夫婦どちらも町税、使用料などの滞納がない方

対象となる治療

産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科を標榜する医療機関において不妊症と診断され、医師が必要と認める検査や治療が助成対象となります。ただし、文書料、個室料等の治療に直接関係のない費用は除きます。
(1)新鮮胚移植を実施
(2)採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために、1~3周期程度の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合)
(3)以前に凍結した胚による胚移植を実施
(4)体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
(5)授精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等による中止
(6)採卵したが卵が得られない、又は状態の良い卵が得られないため中止
※(1)または(2)の場合は、体外受精、顕微授精
※排卵に至らないケース(女性への侵襲的治療のないもの)は助成対象となりません。

手続きに必要なもの

(1)愛別町不妊治療費助成事業申請書
(2)愛別町特定不妊治療費助成事業受診等証明書
(3)夫婦であることを証明できる書類(住民基本台帳で確認できる場合は不要)
(4)治療にかかる領収書(原本)
(5)夫婦の健康保険証の写し
(6)印鑑
(7)北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた場合は、その決定通知書

申請窓口

愛別町役場
住所:078-1492
愛別町字本町179番地
電話:01658-6-5111
受付時間:平日8:30~17:15

※郵送での申請も可とします。

その他

申請内容を審査のうえ、承認を受けた方に対して、承認決定通知書を郵送するとともに、口座振り込みにより助成金を支給します。
(不承認となった場合は、その理由を付した不承認決定通知書を通知します。)