申請可能な助成

不妊検査費助成事業(守口市)

不妊について正しく判断し、適切な治療を受ける機会を支援するために不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)に要する費用の一部を助成します。 【説明】当該助成金は不妊検査及び一般不妊治療を対象とした助成金です。要件を確認のうえ、不妊検査のみ実施される場合は検査終了後、引続き一般不妊治療を開始される場合は治療終了後に、申請してください。

申請自治体のHPを確認

助成額

助成対象となる不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)に係る自己負担額の合計の1/2(100円未満切り捨て。上限額5万円)
【対象診療費】対象期間内の不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)に係る診療費
【注意】紹介状・証明書等書類作成料、対象となる検査・治療に関係しない診療費及び手数料、物品等の費用は対象外です。

申請期限

次の①~③のうち、該当する対象となる不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)が終了した日の翌日から起算して6カ月以内に申請してください。
【終了した日】
夫婦の一方が不妊検査を開始した日から2年以内の
①妊娠その他の理由で医師が終了と認めた診療日
②特定不妊治療を開始した診療日
③診療過程において2年を経過した日

助成回数

1夫婦につき1回限り
【注意】当該助成金は不妊検査のみ実施又は一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)の実施に関して1夫婦につき1回限り申請できる制度です。

対象者

次の①~④すべてに該当する夫婦を助成対象者とします。
①法的に婚姻していること。
②不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)の開始日から助成金交付申請手続きの完了日まで、夫婦共に守口市に住所を有すること。
③不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)開始時の妻の年齢が40歳未満であること。
④対象となる期間内に夫と妻が共に検査及び治療を受けていること。

対象となる治療

助成対象の内容は次のとおりです。
1:医師が必要と認める検査(不妊検査及び一般不妊治療にかかる一連の検査)。
2:一般不妊治療(タイミング療法、ホルモン療法、人工授精)
【注意】夫婦以外の第三者からの卵子、胚、精子の提供による治療法は対象外とします。
【重要】一般不妊治療開始に伴い適切な治療を実施するため、助成対象期間内に夫婦共に(夫の場合、第二子以降の不妊治療においても)不妊検査の実施を対象の条件としています。なお夫の検査について、人工授精の際に不妊検査と同等の検査を実施したと医師が証明する場合は対象とします。

手続きに必要なもの

次の①~⑦を揃えて申請してください。

①守口市不妊検査・治療費助成金交付申請書(申請者記入)
②守口市不妊検査・治療費助成金交付請求書(申請者記入※1)
③守口市不妊検査・治療費助成金申請に係る証明書(医療機関記入)
④不妊検査・治療に要した費用の領収書及び明細書(診療日ごと要領収書・明細書※2)
⑤助成金振込先金融機関口座が確認できるもの(通帳・カードなど※3)
⑥印鑑
⑦〈住民登録が夫婦別住所及び別世帯の場合限定〉戸籍謄本、戸籍抄本または法的に婚姻していることを確認出来るもの
※1 請求書の誤記入について二重線、印鑑等の訂正は無効。
※2 提出された書類は返還不可のため複写可。紛失等による再発行が不可の場合医療機関発行の領収明細証明書可。
※3 通帳の口座番号・口座名義人・銀行本支店コード等が記載された頁などの複写。

申請窓口

不妊検査及び一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)終了後、申請手続きに必要なものを揃えて申請期限までに下記窓口までお越しください。
【問合・申請窓口】
〒570-0033守口市大宮通1-13-7
守口市市民保健センター3階 健康推進課
?06-6992-2217

その他

【対象期間】平成28年4月1日以降に開始した不妊検査・一般不妊治療(医師が必要と認める検査含む)について、夫婦の一方が不妊検査を開始した日から最長2年間(2年以内に妊娠その他の理由で医師が終了と認めた診療日及び特定不妊治療を開始した診療日、または診療過程において2年を経過した日まで)を対象としています。
【申請について】申請書類(様式)は市HPまたは窓口で入手可。申請に伴い要件や必要な書類など詳細な確認は窓口までご連絡ください。また申請書、請求書については、窓口で作成することができます。
※申請書類(様式)は書式を変更する場合があるため申請直前に入手するか、ご確認ください。
【交付について】申請内容について審査した結果は交付決定または不交付決定を通知。交付決定の場合、指定の口座に助成金を振込。申請から振込までの期間は約2カ月間です。提出された書類等は返還できません。また交付を受けた後不正や違反が判明した場合、交付金の返還を求める場合があります。