申請可能な助成

不妊検査費助成事業(泉佐野市)

子供が欲しいと望んでいるご夫婦に対して、不妊検査を受ける機会を支援するため、医師が必要と認めた一連の一般不妊治療について一定の金額を助成します。

申請自治体のHPを確認

助成額

助成対象となる不妊及び不育の検査に係る自己負担額の合計の1/2を、1年度あたり5万円を限度に助成する。

申請期限

各年度の治療費はその年度の末日。

助成回数

通算6年度

対象者

1.法律上の婚姻をしている夫婦
2.医療保険各法の被保険者又は被扶養者
3.夫婦の双方又は一方が泉佐野市に住所を有し、引き続き1年以上継続して住所を有する見込みがある。
4.申請日において泉佐野市税の滞納がない。
5.対象治療の開始日において、妻の年齢が43歳未満であること。

対象となる治療

不妊症の診断のために医療機関において医師が必要と認めた一連の検査及び不妊治療の効果を確認するための検査など、医療機関において治療の一環として行われる検査を対象とします。

手続きに必要なもの

1.泉佐野市不妊・不育治療費助成金申請書兼請求書
2.不妊・不育治療医療機関受診等証明書
3.受診医療機関発行の領収書(原本)
4.法律上の婚姻をしている夫婦であることが確認できる書面
※夫婦ともに泉佐野市に住所登録がある場合は不要
5.夫婦どちらかの振込先の確認できる通帳
6.夫婦それぞれの健康保険証
7.大阪府の助成が満了したことがわかる書類(該当者のみ)
※1.2は、ホームページからダウンロードできます。

申請窓口

泉佐野市健康福祉部健康推進課
住所:泉佐野市市場東1丁目295-3
電話:072-463-1212
受付時間:平日8:45~17:15
*郵送の申請はできません。
*審査の結果につきましては郵送にて通知いたします。

その他

審査の結果、適正と認めるときは支給決定通知書を通知します。
なお、審査の結果、適正と認めないときはその理由を付した不支給決定通知書を通知します。
特定不妊治療費助成(独自実施分)、一般不妊治療費助成、不育症治療費助成と合わせた泉佐野市不妊治療助成事業として実施しています。