申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(箕面市)

所得要件により大阪府が実施する「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の対象とならない夫婦に対し、特定不妊治療に要する費用の一部を助成する。
不妊に悩む夫婦の経済的負担を軽減し、所得にかかわらず安心して子どもを産める環境を整えるため、別に定める要件すべてを満たすかたに1回につき上限10万円(初回のみ20万円、回数制限あり、凍結胚による胚移植や採卵した卵子が得られない等で中止した場合は上限5万円)を助成する。

申請市区町村のHPを確認

助成額

対象となる治療に記載の治療方法が、ABDEのいずれかであれば上限10万円(1回目のみ20万円)、CFのどちらかであれば5万円 

申請期限

治療終了日が属する年度の最終日と治療終了日の14日後の遅いほうの日

助成回数

1回目の治療開始時の妻が40歳未満は上限6回
1回目の治療開始時の妻が40歳以上は上限3回
※どちらも他の自治体からの助成も含めた回数

対象者

①申請日時点で箕面市に住民登録がある。
②治療開始時点で法律上の夫婦である。
③治療開始時の妻の年齢が43歳未満である。(治療期間中に43歳になった場合は対象。治療開始日は43歳の誕生日の前日まで。)
④夫婦合算の前年度所得が730万円以上である。

対象となる治療

A 新鮮胚移植を実施
B 採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵及び受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1周期から3周期の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合)
C 以前に凍結した胚による胚移植を実施
D 体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E 受精できず、又は胚の分割停止、変性、多精子授精等の異常授精等による中止
F 採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

手続きに必要なもの

①箕面市特定不妊治療自己負担金助成費申請書
②箕面市特定不妊治療受診証明書
③請求書
④領収書
⑤同意書(他の自治体からの助成歴がある場合のみ)

申請窓口

箕面市教育委員会 子ども未来創造局 子どもすこやか室
住所:箕面市西小路四丁目6番1号 箕面市役所別館2F(22番窓口)
電話:072-724-6768
受付時間:平日8:45~17:15

その他

申請者と口座名義人は同一としてください。