申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(奈井江町)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、奈井江町が独自に上乗せ助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療に要した費用から北海道特定不妊治療費助成事業による助成金を控除した額とし、採卵を伴う治療:
1回につき15万円(初回のみ30万円)、採卵を伴わない治療・治療中止の場合:1回につき7.5万円、1回の治療に要した費用が上限額に満たない場合は、その治療に要した額とする。

申請期限

原則として、治療が終了した日の属する年度の末日までとする。
ただし、助成を受けようとする者が、必要な書類の準備に時間を要するなどの特別な事情により年度内に申請できなかった場合においては、不妊治療の終了の日の属する年度の翌年度に申請することができる。

助成回数

同一夫婦につき、
・妻の治療開始年齢が40歳未満~通算6回
・妻の治療開始年齢が40~43歳未満~通算3回
・奈井江町特定不妊治療費助成事業による助成を受けて子どもをもうけた夫婦が、第2子以降の特定不妊治療を行う場合は、治療対象となる子ども毎に、妻の治療開始年齢が40歳未満~通算6回(40~43歳未満~通算3回)までとする。

対象者

(1)法律上の婚姻をしている者で、治療開始時に妻の年齢が43歳未満のもの
(2)夫婦のいずれもが奈井江町の住民基本台帳に登録されている者、かつ、助成金の交付申請をする日まで引き続き1年以上居住する者
(3)北海道特定不妊治療費助成事業実施要綱による助成決定を受けた者
(4)夫婦の前年の所得(1月から5月までの間に申請があった場合についいては、前々年度の所得)の合計額が730万円未満とする。所得の範囲及び計算方法は、児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)第2条及び第3条の規定を準用する。
(5)医療保険に加入している者
(6)町税を滞納していない者

対象となる治療

医療機関において不妊症と診断され、保険適用とならない体外受精及び顕微授精による治療及び当該治療の一環として行われる保険適用とならない精子採取のための手術療法とする。
医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても助成の対象とする。(卵胞が発育しない等により卵採取以前に中止した場合を除く。)

手続きに必要なもの

申請は、奈井江町特定不妊治療費助成金交付申請書により行うものとする
(1)特定不妊治療費の領収書
(2)夫婦のうち治療を行ったものの医療保険加入証
(3)北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し
(4)北海道特定不妊治療費助成事業の特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
(5)その他町長が必要と認める書類

申請窓口

奈井江町保健センター
住所:〒079-0313
奈井江町本町10区
電話:0125-65-2131
受付時間:平日8:30~17:00

その他

審査の結果、適正と認めるときは助成金交付決定通知書を通知します。
(適正と認めないときはその理由を付した助成金不交付決定通知書を通知します)