申請可能な助成

特定不妊治療費助成事業(独自実施分)(歌志内市)

特定不妊治療を受け、北海道特定不妊治療費助成事業助成金を受けた夫婦に対して、歌志内市が独自に上乗せ助成を行います。

申請自治体のHPを確認

助成額

特定不妊治療に要した費用額から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金額を控除した額に対して、採卵を伴う治療は1回15万円(初回30万円)まで、採卵を伴わない治療や治療を中止した場合は1回7.5万円まで。男性不妊治療は1回15万円まで。不妊治療にかかる交通費は1回3,500円(上限6回)を限度とし、助成します。

申請期限

治療が終了した日の属する年度の3月末までに申請してください。※必要な書類の準備に時間を要するなど特別な事情により年度内に申請できなかった場合は、翌年度に申請することができます。

助成回数

治療の対象となる子ども毎に、治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは、6回(40歳以上であるときは3回)

対象者

次のいずれにも該当する方。同一の治療に対して他の市町村から、同様の助成を受けた方または受ける見込みの方は除く。
(1)法律上の夫婦である方
(2)治療開始時の妻の年齢が43歳未満である方
(3)夫婦いずれかが申請日において1年以上歌志内市に住民票がある方
(4)北海道特定不妊治療費助成事業による助成を受けた方
(5)夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満の方
(6)医療保険に加入している方
(7)市税を滞納していない方

対象となる治療

(1)北海道の制度を受けることができた特定不妊治療
(2)特定不妊治療にかかる交通費

手続きに必要なもの

(1)歌志内市特定不妊治療費助成金交付申請書
(2)北海道特定不妊治療費助成事業申請書(写)
(3)北海道特定不妊治療費助成事業の特定不妊治療費助成事業受診等証明書(写)
(4)北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書(指令文)(写)
(5)住民票(写)
(6)戸籍謄本(写)
(7)夫婦の前年の所得を証明する書類(写)
(8)特定不妊治療費の領収書(写)
(9)夫婦のうち治療を行った者の医療保険加入証(写)
※ (2)~(8)は保健所で申請した際に、用紙の写しを市に送付する事について同意した場合は必要ありません。

申請窓口

歌志内市役所保健福祉課保健介護グループ
住所:〒073-0492
歌志内市字本町5番地
電話:0125-42-3213
受付時間:平日8:30~17:15
※来庁前に一度ご連絡ください。

その他

※交付の可否は、歌志内市特定不妊治療費助成金交付(不交付)決定書により通知します。