大阪府の不妊等支援

ルナルナ×大阪府について

本企画は、大阪府にお住まいの方で「妊娠」や「不妊・不育」に関心のある方に、役に立つ情報を提供したいという思いから大阪府監修のもと立ち上がりました。
「不妊・不育」に悩まれている方が気軽に相談できる「大阪府不妊専門相談センター」のご案内や、自分の情報を入力することで利用可能な府内の助成金制度を確認できたり、「妊娠」や「不妊」に関する基礎知識を読むことができます。

※府の監修は「特定不妊治療費助成」です。(大阪市、堺市、豊中市、高槻市、枚方市、八尾市、東大阪市を除く。)
※市町村が独自で行っている助成金「特定不妊治療費助成(上乗せ等)」「一般不妊治療費助成」「不妊検査費助成」「不育治療費助成」は監修外です。予めご了承ください。

不妊専門相談センターとは

全都道府県及び一部の政令指定都市・中核市に設置されており、不妊等に対する電話相談等を行っています。大阪府では「大阪府不妊専門相談センター」を設置し、以下の事業を行っています。

【不妊・不育にまつわる面接相談・電話相談事業】
不妊・不育に関する疑問や悩みに対し、面接や電話により、専門の相談員(産婦人科医師・助産師)がお答えしています。
【サポート・グループ事業】
不妊や不育に悩む当事者が集まり、同じ悩みを持つ者同士で、思いを語り合っていただく場を提供しています。
【講座・セミナー事業】
不妊・不育に関する様々なテーマで、講座やセミナーを開催しています。

不妊等治療費助成事業とは

【大阪府実施】
・特定不妊治療費助成事業
体外受精や顕微授精等の特定不妊治療や男性不妊治療(※)を受けたご夫婦を対象に、国の制度に基づき治療費の一部を助成します。

※精子を精巣等から採取するための手術を行った場合に限る。

【市町村実施】
・特定不妊治療費(上乗せ等)助成事業
府の実施する特定不妊治療費助成事業の助成額に上乗せするものや、府の実施する特定不妊治療費助成事業の対象にならないご夫婦を対象にしたものなどに対し、市町村が独自に治療費の一部の助成を行います。(実施していない市町村もあります)
・一般不妊治療費助成事業
人工授精等の一般不妊治療を受けたご夫婦を対象に、市町村が独自に治療費の一部の助成を行います。(実施していない市町村もあります)
・不妊検査費助成事業
不妊の原因を調べるための検査を受けたご夫婦を対象に、市町村が独自に検査費の一部の助成を行います。(実施していない市町村もあります)
・不育治療費助成事業
妊娠はするけれども、流産や死産を繰り返す不育症の治療を受けたご夫婦を対象に、市町村が独自に検査費の一部の助成を行います。(実施していない市町村もあります)