妊娠に関する検査って何するの?

妊娠を目指す中で「本当に妊娠できるの?」という不安を抱えている人はたくさんいるようです。
妊娠しにくい要因は多々ありますが、女性のカラダに問題がないか産婦人科で検査ができる「不妊検査」というものがあります。

でも、いざ検査を受けようと思ってもこんな疑問や不安ありませんか?

・どの産婦人科でもいいの?・いつから受けられるの?・検査って何をするの?月経中は?・もしも問題がみつかったら?

そんな方のためにルナルナが不妊検査についてご紹介します。

いつから検査は受けられるの?

何歳からでも、妊活歴が何ヶ月でもOK!

これから妊活を頑張りたい人、半年~1年妊活しているが授かれず不安な人、どんな人でも検査を受けることはおかしいことではありません。

どんな検査をするの?

初回の検査では妊娠に関する検査を行う病院が多いです。

よくある検査 [超音波検査} 子宮や卵巣に異常が無いか、排卵に問題ないかなどを検査します。 [血液検査] 感染症など病気が無いか、排卵障害がある場合は原因などの検査します。

他に子宮鏡検査・子宮卵管造影検査等があり、あなたの生理周期や状態に合わた検査を行います。

月経中に行っても大丈夫?

月経中にできる検査もあります。

検査内容によりますが、いつでも検査できるものや、生理周期に合わせた検査があります。
血液、超音波、血圧、内診、感染症採血、甲状腺機能検査などは、どの周期でも受けることができるので、事前に検査を受ける医療施設に確認をすると良いでしょう。

検査費用はどれぐらい?

検査の費用は約1万〜1万5千円程度。

初回は保険適用の検査をすることが多いです。
結果を見ながら今後の方針などを先生と相談して決めていきます。
なかなか妊娠しない場合は、ここから原因を探っていくので、より効果的な対策をすることが妊娠への近道となります。

どの産婦人科でもいいの?

取扱いしていない産婦人科もあるので、事前に施設の詳細をみてチェックしましょう!

もしも問題が見つかったら…?

原因によって治療や指導を受けながら妊娠を目指していきます。

性交のタイミングを合わせるだけで妊娠できる場合もあれば、排卵誘発や、高度不妊治療などの治療が必要な場合もありますが、これらの治療の方針は、検査をしてからでないとできませんので、まずはどんな問題があるのかを、自分で知る事が大切です。 

産婦人科の先生は女性のカラダのプロフェッショナルです。「妊娠したい」をサポートしてくれる心強い味方です。
あまり難しく考えず、一度医療施設で相談してみてはいかがでしょうか?

検査できる医療施設を探す

※医療施設の検索は、アプリ内のメニューからいつでもご利用いただけます。